チョコレート効果72、86、95。苦い・まずいは食べ方と慣れで克服?

チョコレート効果72、86、95

チョコレート効果

高カカオチョコレートの効果が注目されるようになって久しいですね。ならばと買ってみた、海外の高カカオチョコは、チョコレートで想像するものとは、かけ離れた味。初めて食べた時は、「何これ?」と、口に入れたチョコをすぐに取り出したい気分になりました。ガチガチに硬く、苦い。ミギーには、苦手な味でした。それなりに高級だし、家族はだれも食べてくれないので、我慢して、小さなかけらをすこしづつ食べて、1枚完食しましたが、もう二度と買うことはないと、思いました。

ある日、子・アレンの好きな明治ミルクチョコレートを買う時、ふと目に止まった「チョコレート効果」。そうそう、「チョコレートは明治♪」って、昔からCMで流れてたし、この製品、随分、流行っているみたいだし、「一回、試してみよう!」

そうして買ってみた「チョコレート効果72%」は、海外のものと比べ、口当たりも滑らかで、普通に美味しい。しばらく72%をリピートした後、「もっと高配合率のものは、どうだろう?」と、興味が出てきたので、チョコレート効果86%、95%も食べてみました。さすがに、95%になると、普通においしいとは、思えません。

苦い・まずいは食べ方と慣れで克服

ミギーは日頃、甘いものはあまり食べないようにしています。少ない甘さでも大丈夫なので、初めての時も、「チョコレート効果72%」が普通に甘く、おいしく食べることが出来ました。ですが、95%になると、さすがに、イメージしているチョコレートとの違和感と苦味で、慣れるまでの数粒は、マズく感じました。(86%は言うまでもなく、その中間の感想です。)ですが、今は95%を好んで食べています。

甘いミルクチョコレートが好きな人、苦味やコクが苦手な人には、最初は、72%も厳しい味かも知れませんね。

苦い・マズいを克服するには、先ず、チョコレートと思って買ってはいけない!コクのある大人の食べ物というようなイメージで買い、今までのチョコレートの概念では食べない、甘いチョコレートの味を期待せず、食べるときは、出来るだけ小さく割って、かけらを口に入れ、ゆっくり溶かして食べるようにすると、苦さより、コクが楽しめるように感じてきます。コーヒーなどの温かい飲み物と一緒がオススメです。(慣れるまでは、飲み物がないと、ツライような気がします。)

これらが、海外品と比べ、口当たりが、滑らかなのは、乳化剤が入っているから、ですね。香料も入ってる。う~~ん、継続して食べるには、少し躊躇します。特に、考え事をする時は、チョコレートの効果を期待しているので、フェイバリットフードにしたいのですけれど・・・

高カカオに、口が慣れてきたので、一度は、マズいと思った海外の高カカオチョコレートも、再度チャレンジしてみようかな?。ただ、一枚の板チョコタイプしか見かけないので、ひとりボチボチ食べるには、不便ですね。リンツ ハイカカオ チョコレートには、乳化剤と香料が、はいってない!

高カカオチョコレートは、カロリーも脂質も高いので、摂り過ぎにはご注意を!

追記:相変わらず、人気が高いようですね。

関連記事:

チョコレート効果72 新製品 粗くだきカカオ豆、他との比較。
明治チョコレート効果の新製品、粗くだきカカオ豆を食べてみました。粗くくだいたカカオ豆(カカオニブ)が入った高カカオチョコレートです。気になる成分や、他との比較、苦さを和らげる食べ方など。

カカオニブ(カカオ100%)ってどんな味?チョコレート効果95と食べ比べ。
欧米ではすでに注目されているスーパーフード「カカオニブ」。高カカオ、無添加を追求していて見つけた オーガニック ローカカオニブ。そのお味は?チョコレート効果95との食べくらべの感想なども。

バレンタインチョコレート2018の人気おすすめブランドは?トレンドは?通販取り寄せ先
バレンタインになると、世界中のショコラティエ、有名老舗チョコレートブランドから、この時期にしか味わえない特別な限定品が一斉に発表され、チョコ好きには嬉しい季節です。2018年の人気ブランドやトレンド、インパクトの強い個性派チョコなどをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク