【池の水ぜんぶ抜く大作戦】に芦田愛菜ちゃん!飼育者必見⁈次回はいつ?

次回第5弾は、2017年11月26日(日) 19時54分~21時54分 テレビ東京系です。

【池の水ぜんぶ抜く大作戦】シリーズが好評!

池の水

テレ東の【池の水ぜんぶ抜く大作戦】シリーズが好評!

といっても、過去1-3弾は、見逃していました。次回は絶対に見るぞ!ということで、放映された第4弾。

追記:見ました! 千葉では、在来種のニホンイシガメが見つからなかったのは残念でしたが、芦田愛菜ちゃんが、泥に足をとられ、苦戦するも、巨大な貝や小さい魚に目を輝かす様子が良かったです!

また、カルガモが消えた別の池では、警察が出動するほどの“巨大ワニガメ”。保護施設に引き取られていきました。

番組の最後には、次回予告があり、すでにいくつかは、収録完了している様子です。次回はいつ頃でしょう? 1-4までを振り返り、考えてみます。

『緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4』

は、テレビ東京で、9月3日(日曜日)19:54~21:54の放送でした。主な内容は、

神奈川県座間市 立野台公園 突然カモが水の中に引き込まれ、そのまま浮かび上がってこなかったと視聴者からの投稿、得体のしれない生物の正体は?
東京千代田区、日比谷公園 雲形池 歴史的お宝?
里山 千葉市若葉区 泉自然公園 アカミミガメから準絶滅危惧種のニホンイシガメを救え!超巨大な貝

公式サイトより

さて、このシリーズについては、”池の水をぜんぶ抜く”をコンセプトに、今年の1月に放送して以来、放送ごとに反響を呼んでいるらしい。

池の水を抜いてみたら、何が出てくるのか?

想像力を掻き立てられる、興味深い企画です。いろんな魚、カメ、名を知らぬ不思議生物、巨大に成長した生物? 生きもの以外では、帰艦しなかったボクの潜水艦?お宝?ヤバいもの?などかな。思いを巡らせるだけでも、ワクワクしますね。

第4弾では、なんと、芦田愛菜さんが出演しました。ご本人が出演したいと逆オファー?だそうです。確かに、成績と好奇心って、正比例すると思います!こういう実体験を通じ、ますますいろんなことに見識が広まり、と、頼もしい限りですね。はねた泥が頬に付いたままの愛菜ちゃんが、これまた、かわいかった!

過去1-3シリーズでは、池に増えてしまった外来種を取り出し、在来種のみを戻す、というのがメインだったようです。タイトルに、全滅とか駆除とか、悲しい単語も見受け・・・最新の4弾ではこの言葉がタイトルから消えているので、外来種の観点も考慮されてきたのかな?と思いたい。

普段見ることが出来ない「池の中」の外来種と在来種の状況を、つぶさに知ることが出来るのは、楽しみではありますが、外来種といえども生き物。

なぜ、今、外来種が、その池にいるのか?を考えると、主な理由は、かつて養殖や放流されたとか、近年では、飼育者に放流されてしまったこと。

外来種は、自ずから出向いてくることは皆無に等しく、ほとんどは、人為的です。現地で捕獲され、生息地から離れた日本に輸送され、それだけでも充分過酷なのに、さらに、放棄されてしまった。そんな中、懸命に生きているだけなのに、と思えば、この番組を、ただ楽しく見る、ということは、出来ません。

もちろん、外来種によって、在来種の生態系が脅かされていることは、かなり深刻と思います。

MCのココリコ田中さんも、そういう観点から、「この番組の収録では、情緒不安定になる。」というような旨をおっしゃっているのが、救いです。

少し前、ワニガメやカミツキガメ、ニシキヘビなどの保護をしている「NPO法人 ワニガメ生態研究所」の所長さんが出演されている別の番組を見る機会がありました。その分野では知っている人が多いみたいです。

その方は、「ワニガメは何にも悪くない。売ったのも人間、買ったのも人間、捨てたのも人間。」とおっしゃっていたのが、心に響きました。

所長さんの手には、保護している生物に噛まれた深いキズ痕もありました。ワニガメ、ヘビ、ワニなどは、獰猛でもあるので、逃げ出さないようしっかりした設備を作り、維持管理し、膨大な量の飼料や光熱水道料を確保し続ける能力も必要です。

一見、強面のいかつい雰囲気の方ですが、おっしゃることや行動は、動物愛にあふれていて、心から尊敬しました。(NPO法人 ワニガメ生態研究所

さて、池の水ぜんぶ抜くシリーズの1-3弾の内容を、上述の公式サイトから振り返り、概略をピックアップしてみます。

第1弾 緊急SOS危険生物から日本を守れ!池の水を全部抜いて全滅大作戦 1月15日
東京品川の歴史ある神社の池に謎の巨大生物
極地的に大量発生するアフリカツメガエル…和歌山県鳥の巣半島
岐阜県高山市美女ケ池 外来種の巨大魚、超危険な魚が大量に出現
静岡のある池に異常発生するカミツキガメの駆除
東京のある池で日本固有種ばかりの貴重な池を発見

第2弾 緊急SOS!“池の水ぜんぶ抜いて”迷惑○○を全滅させよ! 4月23日
愛知県一宮市浅野公園 ミドリ亀の大群
横浜市戸塚谷矢部池 体長80センチを超える巨大生物
静岡県富士市沼川地区 カミツキガメ
品川区大井原の水神池 外来魚

第3弾 池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 緊急SOS!ヤバイ現場に行ってみた! 6月25日
千葉・習志野市 市民の憩いの公園にある40年間掃除していない池 危険生物1500匹?!
静岡県伊東市で特定外来生物のハリネズミが大量に発生!
佐賀県鹿島市で個人所有の“畑の上”に5メートルの巨大岩が落下!超巨大岩石をぶっ壊す。
青森県つがる市の畑に突然、大きな穴が!隕石?

カメが多いようですね。巨大魚は、アリゲーターガーもいたようです?

過去シリーズも全部見たいです。再放送とか、ないかな?

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」によって、より多くの人に、飼育生物を、池や川や戸外などに、遺棄することは、いけないことだという認識がさらに深まってくれることを、願いたいと思います。

飼育前に、生体の特性(特に、成長後のサイズと寿命)を正しく知り、一生涯、飼育し続けることができるかどうか?(販売店では、サイズは、小さめに教えてくれることが多いような気がする?)人の都合で、生体の自由を奪い、生命を預かるのですから、せめてそれくらいの覚悟は持ちたいものです。

な~んて、つい、小難しい方向に進んでしまいましたが、番組、とても楽しみです!

追記:こうして振り返ってみると、1月15日、4月23日、6月25日、9月3日と、2-4弾では約2カ月間隔。

また、第4弾は、シリーズ最高の平均視聴率だったということ(裏番組のNHK大河を抜いたそうです)、1回の放映分が4カ所として、その半分の2カ所は収録が終わっている模様?などから、次回は2カ月かからず放映されるのでは?と感じます。予想、10月中ごろ?→11月26日で決定!!

【池の水ぜんぶ抜く大作戦5!】今度は何?小泉孝太郎、的場浩司、あばれる君!概要まとめ
池の水を全部抜いたら何が出てくる?主に、外来種、危険生物から在来種の環境を取り戻す試みとしてのこの企画がおもしろい!今回は、小泉孝太郎、的場浩司、あばれる君が参戦。あのウーパールーパーが爆増?超危険外来種アリゲーターガーが大繁殖で、3日間の死闘??

あ、そうそう、クサガメさんも、すごく昔(江戸時代頃)に、日本にきた外来種のようだと、近年判明してきた模様(番組でも言われていましたね)です。ほんの少し前まで、在来種扱いでした。

時代とともに、私たちの周辺に生息する生き物たちも変化しつつある。在来種と思っていたら、実は遠い昔は日本にいなかった外来種っていう生き物、他にもあるあるでしょうね。

外来種を含め、均衡を保っている池もありそうな気がします。池の水ぜんぶ抜いちゃって、在来種だけを戻したとして、その後、大丈夫なのかな?

我が家の庭の小さな池、だいぶ前、母が「池の水ぜんぶ抜く」をしてみたら、「泥の中から、もぞもぞと、凶暴そうな虫が出てきた!」「タガメ?」とか、騒いでいて(母は虫好きではないのに)、それなりに楽しそうでした。絶滅が危惧されるレッドリストに入っているタガメのはずがなく、トンボのヤゴでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク