【紫もち麦】で雑穀玄米ごはんの食感UP!食物繊維や栄養成分は?

もち麦。時々、テレビなどにも取り上げられ、ダイエットや便秘解消を期待して、利用している方も多いですよね?

食物繊維には、「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、それぞれをバランス良く摂取することが好ましいと言われています。 もち麦を含む大麦は、不溶性の食物繊維と、水溶性の食物繊維であるβグルカン等の成分が多く、それぞれの食物繊維が相乗効果を生み出すことで、便秘の予防や腸内環境の改善が期待されます。

私の場合、ご飯は、玄米+雑穀を食べています。(基本は、三十雑穀、詳しくはこちらから)。雑穀玄米ご飯は、白米に比べ、もそもそしやすいところが難点ですが、追加でもち麦を入れると、全体が、その名の通り、モチっと、おいしくなるので、食感や食味の観点からも、重宝しています。

欲ばりなので、もち麦の食物繊維のついでに、ポリフェノールも、とっちゃえ!ということで、紫もち麦にしています。食物繊維&ポリフェノールだっ!www

紫もち麦なら、炊きあがりの色が鮮やかで、見た目的にも、美味しそうになります。

レシピは簡単。ご飯を炊く時、お米と一緒に混ぜて炊くだけ。量は、初めての時は、控えめにして、あとは好みで、増減したら良いのかな?と思います。

ミギーは、他の雑穀や豆類も併せていて、混じり物が、結構多めです。そんな中、もち麦の分量は、お米3合に対して、大さじ1-2杯くらいかな?もちもちがお好みなら、もっとたっぷりもGOODです。

30雑穀にも、もち麦は入っているので、私の場合、もち麦は、食感アップが主目的です。

足した雑穀の量に応じて、適宜、水量を増やします。

玄米や雑穀には、発芽毒というものがあるので、無毒化するために、炊飯前、水に浸けて、半日ほど経ってから炊いています。

事前にタイマーセットと、ちょっとだけ面倒だけど、もち麦を含め、雑穀ごはんは、滋味深く栄養豊富でおすすめです。白米は、何か物足りなく感じるのは、気のせい?家族は白米ですがwww

紫もちむぎ

もち麦の栄養成分

【栄養成分】

100gあたり
●カロリー:339kcal
●たんぱく質:9.5g
●脂質:1.6g
●炭水化物:78.1g
●食物繊維:12.9g
●ナトリウム:0.005g

ショップページより

紫もち麦は、普通のもち麦に比べると、ポリフェノールの1種、アントシアニジンを多く含んでいるので、抗酸化や美容に嬉しいですね。

ご飯を食べるだけで、食物繊維がたっぷり摂れる、もち麦。その上、ポリフェノールが多い紫もち麦は、ミギーのお手軽、健康・美容法のひとつとなっています。主に、タマチャンショップで買っています。

アマゾンで探すならこちら

【雑穀玄米ごはん】雑穀のおすすめは?栄養価・おいしさ・安全性
毎日のごはんに雑穀を足して炊くだけ。手軽な栄養アップで、健康、栄養、ダイエット、美肌、快腸など、いいことばかり期待できる雑穀米。毎日食べるものだから、味や安全性は吟味して選ばなくちゃ、ですね?数年来、実践中のおすすめ雑穀をご紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク