カブトムシ(成虫)が40匹!累代飼育は何代まで?

カブトムシ40匹!

5年ほど累代飼育しているカブトムシたちが、6-7月に、成虫になりました。総勢約40匹。オス、メス、ちょうど半々くらい。毎夜、ケース内でガサガサ、ブンブン賑やかです。

カブトムシは大食漢です。特に、サナギから成虫になり、活動を開始したばかりの若い頃は、昆虫ゼリーを1日に、1~2個くらい食べます。徐々に食べる量は、減ってきますが、エサ切れにならないよう、毎日補充が必要です。

今年は、増えすぎ対策で、オスとメスは、飼育ケースを分けています。

カブトムシ、オス
オス棟:昆虫マットが、エサや尿などで、べちゃべちゃになってきています。

カブトムシ、メス
メス棟:メスの方が、上手にゼリーを完食しています。
っていうか、エサ足りてないみたいです(汗)

ということで、毎夜、こんな風に、昆虫ゼリーが空っぽ、または、ひっくり返っているので、補充に奮闘しています。

約40匹に、理想的な環境を用意&管理することができず、カブちゃんたちに、申し訳ないのですが、手持ちの飼育ケースを総動員して、割り振って、ゴチャッと、ぎゅうぎゅう詰めです。

足場や止まり木、エサ置きなども、本当ならあった方が良いのですが・・・

ひとつの飼育ケース内に、オスが複数になると、ケンカなども発生し、寿命が短くなってしまいます。メス同志でも過密は落ち着かないみたいです。

カブトムシ飼育ケース
通称、虫部屋の床に並んだ飼育ケースは、こんな感じです。
飼育ケース、特大3個、大1個、小2個

これでは、あまりにも、ぎゅうぎゅうすぎるので、この後、大ケースを、あと2つ追加しました。その際、べちゃべちゃになった昆虫マットも入れ換えました。

それでも、窮屈そうです。理想は、大ケースにオス1、メス1の1ペア。
あるいは、単独飼育でゆったりサイズ(大ケースくらい)が、一番長生きすると思います。

上画像の小ケースには、弱そうな感じのオスを入れています。この大きさでは、1匹が限界です。

カブトムシ、昆虫ゼリー昆虫ゼリーも、あっという間になくなっていきます。

上画像の白い昆虫ゼリーは、カブトムシが好んでよく食べるプロゼリーです。我が家のカブちゃんたちの主食にしていますが、プロゼリーは、開封しやすく、高栄養なので、助かります。

黄色い昆虫ゼリーは、ポリフェノールの一種である「リグニン」を含んでいるということなので、違うものも、たまには、食べたほうがいいでしょ?と思い、副食的な感じで、適宜与えています。ですが、プロゼリーほど、人気はないようで、食べ残しは見受けます。

過去、黒糖が入ったものや、別の栄養成分に特化したものなど、いろんな昆虫ゼリーを試してきましたが、カブちゃんたちの好みでは、プロゼリーにかなうものは見つかりませんでした。

リグニン配合のものは、その他に比べると、よく食べるゼリーだと感じています。

昆虫ゼリー全般、男性専用?みたいに、開封が難しいものが、多い気がします。過去、いろんな種類のゼリーを与えていた時、ミギーは爪が割れそうになって、嫌だったのですが、もし、お子様がお世話をしていたとしたら、自力で開けられるのかな?と心配になります。主食のプロゼリーは、開けやすくて良かった!

今年、プロゼリーが、大量でお得なお店を見つけました(下のリンク)。オスには幅広で食べやすい18gタイプ、エサを食べるのが上手なメス用に、16gタイプを補充しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KBファーム製プロゼリー18g 【400個バラ】
価格:3680円(税込、送料別) (2017/7/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KBファーム プロゼリー 16g 【500個バラ】
価格:3680円(税込、送料別) (2017/7/22時点)

送料が気になって問い合わせてみましたら、こちらのショップさんは、大容量も3個までなら同梱可能だそうです。(2017年7月時点)

しばらく与えてみたところ、16gは食べ残しが目立ちます。メスも18gのワイドカップの方が食べやすかったみたいです。ちょっと失敗!

成虫になってから、オス、メス別棟で飼育していますので、たぶん、ほとんどは、無精卵と思いますが、時々、卵があります。マットの上の方にあった時は、一応、別ケースに移しています。

カブトムシの卵

カブトムシの累代飼育は何代まで?

累代飼育をしていくと、血が濃くなりすぎることにより、産卵数が減ったり、幼虫の死亡率が上がったり、羽化不全、蛹化不全を起こすことがあるようです。

我が家は、今年、F6(2012年5月3令幼虫購入~)ですが、数年前に一度、飛んできたメス1匹を仲間に入れたこともあり、累代が続いているのかどうか、はっきりしない部分もあります。今のところ、特に問題は発生していません。

調べてみると、F4くらいで、弊害が出てくるという方や、10代以上大丈夫という方、諸説あるようです。

個体が小さくなるのは、累代飼育による影響よりも、幼虫期の過密飼育やマットの状態の影響が大きいようです。今回、我が家も、幼虫期から、過密飼育だったため、例年に比べ、一回り小さい成虫となっています。

追記:2017年7月27日時点、F6が羽化した飼育ケースのマットの中に、数匹の幼虫(F7)の姿が、プラケース側面から、確認できました。

関連記事

カブトムシの幼虫が増えすぎ!マットのカビは大丈夫?一齢幼虫!
カブトムシの成虫飼育も終盤に差し掛かってきました。9月になると、国産カブトの動きはめっきりスローになり、お世話は楽になります。そんな中、かわいい一齢幼虫の画像が撮れました。それにしても、うー、カブトムシの幼虫増えすぎー!
野生のカブトムシは小さくなってきている? 実写、比較画像あり!
野生のカブトムシは、小さくなってきていると言われています。本当?実証画像が撮影できましたので、掲載!その訳についても、考察してみます。
カブトムシ幼虫の飼育方法。4月以降のマット交換は慎重に!
生き物だらけの我が家では、カブトムシも、5年ほど累代飼育しています。今回はカブトムシの幼虫期のお世話について書いてみようと思います。油断と増え過ぎで、今年はいろいろ、いけないことをやっちゃった感満載ではありますが。
カブトムシのさなぎ。羽化までの期間と注意点。
カブトムシの幼虫がさなぎを経て、成虫になっていく変化を記録しました。幼虫後期から蛹、羽化、成虫までの期間や注意点をご紹介します。
ゲンゴロウ飼育中。成虫は人工餌OKで意外と丈夫。水槽の必需品は?
子・アレンが、水生昆虫に憧れ、採取に何度もチャレンジしたものの、見事空振りした後、通販でお迎えした3匹のゲンゴロウ。只今、飼育中。成虫は人工餌OKで意外とタフ。水槽の必需品は?我が家での楽々飼育方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク