カブトムシの幼虫が増えすぎ!マットのカビは大丈夫?一齢幼虫!

カブトムシ

今期、我が家のカブトムシの成虫は、約40匹と、多勢です。

連日、昆虫ゼリーの開封が大変でしたが、後期ともなれば、カブトムシの動きは、スローになり、ブンブン、ガサゴソすることもなく、静かになります。それに伴い、ゼリーの消費も減り、大変さのピークは超しました。

ゼリーをよく食べる頃は、昆虫マットがべちゃべちゃになり、交換することもありましたが、今では、逆にマットの乾燥に、加水が必要な時も出てきます。

〈以下、幼虫画像有り、閲覧注意!〉

カブトムシの卵

成虫のエサ補充の時、マットの上に転がっている卵を、小さなケースに入れていたら、いつの間にか、孵っていたようです。乾燥しすぎたマットの上で、もごもごしている小さい幼虫を見つけました。無精卵だと思っていたので、マットが乾燥していても気にしていませんでした。

湿り気のあるマットに移動し、少し経過後。

カブトムシ幼虫1齢

カブト幼虫

一齢幼虫はかわいい!

もっと生まれたてほやほやっぽい子もいたのですが、完全にぶれていて使える画像がありませんでした。

ちゃんと見えてなくて、ズームしすぎたようです。ピントが合ってなくてすみません。

べちゃべちゃになって交換した際、念のため保管していたマットや、今の成虫が幼虫時代とサナギ時代を過ごしたマットにも、飼育ケースの横から、幼虫の姿が確認できます。こちらは、すでに、ある程度大きく成長しています。

カブトムシの幼虫(大)

ケースの横から見える幼虫の姿です。

爆増防止のため、羽化後、オスとメスを完全に分けていました。10匹くらい産まれるといいな!という期待は、甘かったようです。数えてみると、総勢70-80匹、キャー!

数えるのが忙しく、多数の幼虫たちは、撮影を忘れていました。

配りたいところですが、最近のお子さまは、生き物飼育をする割合が少ない?知人や親せきにも、希望者なし!

もしも、飼育してみたいという方がいらしたら、メールやフォームで、お申し出ください。カブちゃんを何かのエサ用にとかは、さすがに悲しいので、ナシでお願いします。かわいがってくれる&飼育放棄しない方限定で、喜んでお送りします。

と、書いてみたものの、このまま残る可能性大でしょうね?来期はサナギになる前に、雄雌を完全に隔離して、爆増阻止&カブトムシ飼育を卒業出来たらいいな・・・。

幼虫の頃から、オスとメスは、おしりのあたりで、見分けることができるそうです。しか~し、今でこそ、幼虫も素手で触っているけれど、まだ、ちょっとだけ苦手。

むにゅっとした感触が何とも言えず・・・。マット交換でただ、ころんと移動するのと、雌雄判別では、触り方の密着度と継続時間が、かなり違う。数も多いし!夢に出そう。最キャーーー!

昆虫マットにカビ

昆虫マットを保管していると、カビがはえてくることがあります。今回は、季節がらか、かなり目立って、カビがはえています。

白っぽいカビで若干ということは、何度もありましたが、青っぽいカビで結構の量というのは、初めてのような気がします。

ちょっと気になりますが、たぶん大丈夫。ただ、保管中にガスが発生している懸念がありますので、袋の上辺を開け、1週間以上放置してから、使います。

寒くなると幼虫は、マットをあまり食べなくなるので、大きいカブトムシを期待するなら、幼虫初期から12月上旬頃までと、3月初旬頃の春先からサナギになる前までに、いかに良質なマットをたくさん食べさせるか、が勝負だと思います。フンが目立ってくるタイミングで、すかさずマット交換です。

ミギーが主に使っている昆虫マットはこちら(バラ売りもあります。)

シーズン外は、近場にないこともあり、重いし、通販で取り寄せ出来るのは、嬉しいです。たまに欠品もあるので、ぎりぎりになる前に、余裕を持って手配したいです。

関連記事

カブトムシ幼虫の飼育方法。4月以降のマット交換は慎重に!
生き物だらけの我が家では、カブトムシも、5年ほど累代飼育しています。今回はカブトムシの幼虫期のお世話について書いてみようと思います。油断と増え過ぎで、今年はいろいろ、いけないことをやっちゃった感満載ではありますが。
カブトムシのさなぎ。羽化までの期間と注意点。
カブトムシの幼虫がさなぎを経て、成虫になっていく変化を記録しました。幼虫後期から蛹、羽化、成虫までの期間や注意点をご紹介します。
カブトムシ(成虫)が40匹!累代飼育は何代まで?
累代飼育しているカブトムシたちが、6-7月に、続々と成虫になりました。総勢約40匹!累代飼育は何代まで大丈夫?
野生のカブトムシは小さくなってきている? 実写、比較画像あり!
野生のカブトムシは、小さくなってきていると言われています。本当?実証画像が撮影できましたので、掲載!その訳についても、考察してみます。
ゲンゴロウ飼育中。成虫は人工餌OKで意外と丈夫。水槽の必需品は?
子・アレンが、水生昆虫に憧れ、採取に何度もチャレンジしたものの、見事空振りした後、通販でお迎えした3匹のゲンゴロウ。只今、飼育中。成虫は人工餌OKで意外とタフ。水槽の必需品は?我が家での楽々飼育方法をご紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク