カメさんの日光浴。天然の紫外線はライトの10倍の効果!

クサガメさんの健康維持に、紫外線ライトは欠かせません。ですが、自然光は、紫外線ライトの10倍も効果があるそうです。できれば時々、日光浴をさせてあげたいですね。日中は、子は学校、私も仕事で、なかなか出来ていませんが・・・

紫外線効果の他にも、自由に歩けば、良い運動にもなり、ツメの伸びすぎも改善されます。きっと、カメさんの気分転換にも、なっていることでしょう。

カメさんの日光浴

亀日光浴

クサガメの特徴は、甲羅に3本の盛り上がったラインが見えることだそうです。中央のラインは、はっきり、目立っていますね。上の画像で分かっていただけますか?

一生懸命歩いています。亀の歩みと言いますが、意外と早く、目を離せません。

かめの日光浴

亀歩く

クサガメ 日光浴

クサガメ 日光浴

突き当りまで進み、寒い時期でもあるので、この日はここで回収。

別の日、犬の散歩に同行。同様に寒い日なので、プラケの下にカイロを敷いて、カメさん専用バッグにて、砂浜に。

この砂浜に、1年ほど前のバレンタインデイの極寒の中、漂着していたところを偶然見つけ、保護したのですね~。

クサガメ 砂浜にて

保護した時は、かなり弱っていました。ですが、そんな中で、海から離れるように、必死に、陸地を目指しているようでした。

真冬の護岸工事で、冬眠していたところ、川に流され、海を漂流し、砂浜にたどり着いたと、思われます。

で、1年あまり、我が家で過ごした後、出会った砂浜で歩かせて見ると・・・

カメさん海に帰る?

なんと、海に向かって進んでいます! 故郷に、帰りたいのかなぁ?だよね?

散歩に同行している犬たちが、カメさんのお散歩の邪魔をするので、ミギーはあまり近寄れなかったのですが、この海を見つめ、海に進んでいくカメさんの姿。印象的でした。

故郷は護岸工事で、以前の姿ではなくなっているのだろうと、考えると、せつなくなってしまいました。

そんなこんなが心に残ったのか、しばらくして、また新たなカメさんを見つけてしまって、保護する?どうする?ここなら保護しなくても大丈夫じゃない?みたいな夢を見ました。

親子そろって、カメやカエルの夢を見ているなんて、ねぇ?

冬の寒い日は、日光浴も短時間しか出来ませんが、これから春先は、紫外線の量も増えていていますので、もっと積極的に日光浴させてあげたいものです。

夏の暑さにも、カメさんは弱いので、暑い時期は日陰の逃げられる場所の確保と、熱中症にならない程度で切り上げることも大切です。

関連記事

「亀の名は?。」

水棲亀のクサガメを真冬の海で保護。バレンタインデイの出会い。

クサガメの病気・水カビ病の治療法と飼育に最低限必要なもの

カメの雌雄の見分け方、うちのクサガメは、オス、メス?

カメの年齢の調べ方。うちのクサガメは何歳?見方は甲羅の成長線!

カメの浮き島が沈んでる~!クサガメの成長は嬉しいが、悩める件。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク